「野菜ソムリエの餃子専門店」。 ギョーザの取寄せ・通販なら「はちやの餃子」。冷凍ぎょうざ、業務用ギョーザ宮城県塩釜市「蜂屋食品」

TEL 022-364-8211

「三陸ほや餃子」が河北新報社朝刊に取り上げていただきました。


三陸ほや餃子

 

三陸ほや餃子を大々的に、河北新報社朝刊に取り上げていただきました。

たくさんの反響をいただき、ほんとうにありがたいことです。

2010年にほやの祭典、世界ほやエキスポ向けに開発して以来、9年という月日が流れました。

知る人ぞ知るというものでしたが、懐かしいという声も多く聞かれ、嬉しい限りです。

 

宮城が誇る食文化、「ほや」の魅力をしっかりと伝えられる餃子として、着実に歩んでいければと思います。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

三陸ほや餃子HP→https://www.hachiya-foods.co.jp/fs/hachiya/hachiya-gyouza/gd107

はちやの餃子 蜂屋和彦

〒985-0011

宮城県塩釜市貞山通3丁目3−27

TEL 022-364-8211

FAX 022-366-7606

HP  https://www.hachiya-foods.co.jp

 

 

 

 

 

 

三陸ほや餃子、復活販売します!!


ほや餃子ラベル

 

え?「ほや」を餃子に?って思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、「ほや」独特の幾重にも重なり合った旨みが口の中に広がる、とっても味わいのある逸品に仕上げ、ちょっと他では食べたことのない「ほや」の魅力に出会える餃子です。

 「ほや」の美味しさを最大限に引き出すために、仙台味噌であらかじめ味付けしておいた「ほや」をバターで絡めます。そうすることで「ほや」独特の旨み成分とバターの成分が絶妙に混じり合ったなんとも言えないあとを引く味わいになります(ほやには5つの味(甘味、塩味、酸味、苦み、旨味)が揃っていると言われております)。通常餃子というと、にんにくを使用するのが日本では一般的ですが、「ほや」との相性を考えて、にんにくは使用しておりません。主な原材料は、キャベツ、豚肉、ほやといったシンプルさです。たれをつけないでそのままお召し上がりくださいませ。

三陸ほや餃子

 

宮城県はほやの生産量が全国一位。ほや養殖の発祥も宮城県であり、県を代表する海産物のひとつです。ほやは、グリコーゲン、ビタミンB12、亜鉛、鉄などのたくさんの栄養素を含んでおります。ほや餃子を作るきっかけになったのは、2010年に石巻でほやのイベント「世界ほやエキスポ」に出店してから。それまでほやの存在はもちろん知っておりましたが餃子に使用してみようとは考えも浮かびませんでした。でも「ほや」を使ったいろいろな食べ方を知る中で、「ほや」ってなんて可能性があるんだろうと気づきました。生で食べるのが一番ですが焼いたり、蒸したりいろいろ出来ます。鮮度の良い「ほや」を知ってはじめて「ほや」の魅力にとりつかれた人たちを沢山みてきました。東日本大震災で、「ほや」の生産地である三陸沿岸も大きな被害を受け、8年を過ぎた現在、生産体制は戻ったものの販売先の開拓に苦慮していると伺っております。「ほや」は本当に素晴らしい!!もっと多くの人に、宮城の誇る「ほや」を食べて欲しい。当店のほや餃子が、「ほや」の魅力を知るきっかけになれば、こんなに嬉しいことはありません。

三陸ほや餃子

三陸ほや餃子HP→https://www.hachiya-foods.co.jp/fs/hachiya/hachiya-gyouza/gd107

はちやの餃子 蜂屋和彦

〒985-0011

宮城県塩釜市貞山通3丁目3−27

TEL 022-364-8211

FAX 022-366-7606

HP  https://www.hachiya-foods.co.jp

食品衛生優良施設として表彰されました


IMG_0494

 

先日、宮城県塩釜保健所長様より食品衛生施設に対する高評価をいただき、お褒めいただきました。

常日頃より5S活動に取り組ませていただいている努力を認めて頂いたと、ありがたく思っております。

これを機に一層気を引き締め、一歩ずつより安全、安心な食品づくりに邁進してまいります。

今後とも何卒ご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

はちやの餃子 蜂屋和彦

〒985-0011

宮城県塩釜市貞山通3丁目3−27

TEL 022-364-8211

FAX 022-366-7606

HP  http://www.hachiya-foods.co.jp

 

地域ならではのオリジナル餃子で地域活性化に貢献します!!


青森といえば、ごぼうが有名ですね。

 

そんな青森県つがる市のむらおこし拠点館様からごぼうを入れた餃子が作れないかとご依頼を頂きました。

 

ごぼうという普段は餃子に使用しない素材で、いろいろと苦労もありましたが、つがるの地域が餃子で少しでも盛り上がってもらえたらという思いを込めて独自性を出せるように作らせていただきました。

 

先日お披露目会が行われ好評とのお声を多数いただいたそうです。地元新聞にも大きく取り上げていただいたとのことで、ご連絡をいただきました。つがるごぼう餃子が、地域の人に愛され、全国のみなさんからも支持される商品になるよう、品質のさらなる改善に努めてまいりたいと思います。

 

商品のご購入・お問い合わせ↓

むらおこし拠点館「フラット」
住所:青森県つがる市豊富町屏風山1-273
電話番号:0173-69-5215 ファクス0173-69-5216

 

東奥日報記事

 

*当社では、地域を盛り上げるために様々なオリジナル餃子をご提案させていただいております。

 

はちやの餃子 蜂屋和彦

〒985-0011

宮城県塩釜市貞山通3丁目3−27

TEL 022-364-8211

FAX 022-366-7606

HP  http://www.hachiya-foods.co.jp

 

 

FOODEX JAPAN オーガニック&ウェルネスに無添加餃子を出展しました


3月5日〜8日までの4日間、幕張メッセにて開催された食品の大展示会、FOODEX JAPANのオーガニック&ウェルネス部門にて出展してまいりました。お越しいただきました、バイヤーの皆様、本当にありがとうございました。

無添加商品でのエントリーで、弊社「頑固餃子」の試食を行いました。

「肉汁が小籠包みたいだね。」、「和食のような餃子ですね。」などとお褒めの言葉を、多くのバイヤー様から上々の評価を頂き、自信を深めると同時に、もっと美味しくするにはと、たくさんのアイデアが出てきたこと、そして全国の意識の高い出展者さんたちとの交流もありました。

大きな展示会に出ると、やはり世の中の変化がいかに速いか、来年までにはうちの会社ももっとこうしたいという目標を持つことができるのも大きな収穫です。

製造担当の赤間も、はじめての大きな展示会に非常に大きな刺激を受けて、現場に戻りさらに奮起しております。

やはり直接お客様からの声は一番の財産になりますね。

丁寧な商品づくりに一層励んで、より皆様に喜んでいただけるよう取り組んで参ろうと思います。

頑固餃子商品ページ・・・https://www.hachiya-foods.co.jp/fs/hachiya/hachiya-gyouza/gd85

IMG_9074

はちやの餃子 蜂屋和彦

〒985-0011

宮城県塩釜市貞山通3丁目3−27

TEL 022-364-8211

FAX 022-366-7606

HP  https://www.hachiya-foods.co.jp